ASUS ZenBook Flip S

バナー(PC):スペシャルインタビュー ASUS ZenBook Flip S × 久保裕丈バナー(SP):スペシャルインタビュー ASUS ZenBook Flip S × 久保裕丈

自分のめざすゴールは何か?その問いが自由な働き方の原点でありPC選択の出発点でもある。自分のめざすゴールは何か?その問いが自由な働き方の原点でありPC選択の出発点でもある。

写真(PC):久保裕丈写真(SP):久保裕丈

久保裕丈

【Profile】
1981年東京都生まれ。東京大学 大学院卒。'07年外資系コンサルティングに入社。
'12年に退社後、女性向けファッション通販サイト会社を設立。同社を売却後、
恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラーとして出演。
2018年に、家具・家電のサブスクリプション・サービスを提供する株式会社クラス(CLAS)を設立。代表取締役社長就任。

ー『ZenBook』にはどんな印象を持たれていますか?

以前、私は『ZenBook』のユーザーだったこともあり、現在もASUSのAll-in-oneタイプのデスクトップPCを所有して、音楽や動画視聴などプライベートでよく利用しています。ASUS製品は全般的に“バリュー・フォー・マネー”(金額に見合った価値)に優れている印象ですね。一般的にPCは、高い性能を求めれば価格も高くなりますが、ASUSは高性能なのに価格が抑えられていて購入する商品に納得感があります。それに、安定したパフォーマンスと堅牢性を兼ね備えたモデルが多く、仕事でも安心して利用できます。

私は、外資系コンサルティングを退職した後に起業し、現在はサブスクリプション(定額料金)で家具・家電を貸し出す会社を経営しています。ノートPCは仕事になくてはならない道具であり、性能やスペックはそのまま作業時間の効率化に直結するため、機種選択にはこだわってきました。

私がノートPCに最も求める性能が「操作性」と「堅牢性」です。操作性とは、例えばキーボードからマウスに手を伸ばすより、タッチパッドのほうがわずかながらも速く操作できますよね。時間短縮につながることが操作性の重要なポイントです。堅牢性は、出かける際にバッグに雑に入れても傷つかないような丈夫なボディのこと。いつでも安心して、長く使いたいと思っています。

かつて寝る間も惜しんで企画書を作っていたときは、データ処理にかかる数秒の待ち時間もストレスになりました。その数秒も1年間積み重ねれば何時間にもなる。だからこそPCには高いスペックが必要だし、高い性能のPCを使えば仕事は効率化すると思います。2018年に創業した『CLAS』は、社員一人ひとりが着実に成長を積み重ねて現在60名ほどの組織に拡大しました。ベンチャービジネスは1日もムダにはできないのです。

ー実際に『ZenBook Flip S』に触れてみていかがでしょう。

私がノートPCに求める要件を満たしており、期待以上のところもあって可能性を感じます。まず、「4K有機ELディスプレイ」は大変美しく、音も良いので仕事用だけではなく、そのまま自宅に持ち帰って使いたいですね。ボディのサイズ感もちょうど良いし、360度回転するディスプレイを自由な角度に設定できるので、ソファーに寝転びながら手元で動画視聴を楽しめそうです。

この回転ディスプレイはビジネス利用にも最適です。この『ZenBook Flip S』ならクルッと画面を相手に向けて説明できるので、商談には使いやすいだろうと想像します。私はプリンターを使うのがきらいです。なぜなら直前までプレゼン資料をアップデートしたいから。書類を印刷している時間が惜しいのです。

CPUも最新の世代なので動作にもたつきはありません。私はやりませんが、動画編集など重いデータを処理するのも十分に耐えられそうです。加えて、タッチパッドとタッチパネルのレスポンスが良いので、手をキーボードからあまり離さないで操作ができます。全体的に操作性が軽い。この軽快感、使い勝手の良さに加えて、プレミアムな質感とデザイン性で、おそらく手放せなくなるユーザーは多いのではないでしょうか。

ーユーザーにメッセージをいただけますか?

新型コロナウイルスの影響でリモートでの会議や商談が多くなりました。私の会社はほぼフルリモートで業務を進めていて、質の高いコミュニケーションを実現するために、さまざまなアプリケーションを導入し、チーム内で効率的に利用しています。

「『暮らす』を自由に、軽やかに」という当社のビジョンは、突き詰めて考えると移動のムダを減らした自由な働き方、居心地良く働ける環境を実現することにつながります。一方、現在は特別な状況であって、元の生活に戻る可能性もあります。いずれにしても変化にすばやく柔軟に対応するために“過度にモノを所有しない”という暮らし方を考えることが必要だと思います。

将来、自分はどうなりたいか、“成功の定義”は昔よりも多様化しています。「自分にとって成功とは何か」「ゴールは何か」と自問自答してみることが大切ではないでしょうか。そうすれば取るべき行動が見え、目の前の課題に“主体的”に取り組めます。PCを選ぶ理由も「周りが使っているから」ではなく、自分の夢や目標を叶えてくれるツールという視点を持ってみる。『ZenBook Flip S』に触れれば、自分が求めていたノートPCはこれだと確信すると思います。